たのしいとうじん企画

無料ダウンロードサイト

まさに“ギターは小さなオーケストラ”

マイク無しでコンサートホールを響き渡らせるセゴビア奏法の集大成を

 あなたもその耳で、その肌で、その目で感じてみませんか?

 周知のギター曲が孤高の名曲であることに感動する。

 クラシックギター・ルネサンス、ついに始動!

 

私は島崎陶人先生の音楽に出会うまで

クラシック音楽が自由でこんなに楽しいものとは

残念ながら思ってもみなかったのです。

先生の音楽はクラシックギター音楽を超え、音楽の

真実・美を体験できる異次元の響きで生み出されます。

 

先生を知ったのは、東日本大震災直後、ネット動画でした。

なんと、その時点でギターの奏法・表現「49の技」など

多くのレッスン100を超える動画がアップされていました。

すぐにレッスン見学をお願いしました。

当日は、ただソファに座り、次々と訪れる生徒さんとの

レッスンを参観するだけで1日が過ぎる予想外の展開でした。

ギターは少しは弾ける私にも内容は新鮮で知らないことばかり。

すでに動画レッスンを遙かに超えたレッスンでした。

生徒はギターだけでなく、シンガーソングライターなど

多岐にわたり、先生の指導や友情を育んでいるチェリスト、

ピアニストがいらっしゃることにも驚きました。

先生はセゴヴィア奏法を研究して40年、未だに

探求の道を突き進んでおられます。

 

今までは兵庫、近畿圏でのサロンコンサートで先生の音楽を

体験出来ました。

実際、先生の音楽を目の当たりにすると、人柄を含めファンに

なる人も多く、2018年コンサートアンケートでは60%を超える

リピート来場の方々がお越しくださる状況となっています。

神戸旧家武藤邸コンサートは定期開催で、毎回満席状態です。

先生を慕って全国から集まる信奉者がいます。そのような中、

各地の有志が立ち上がり結集し、企画開催する初の

自主運営全国ツアーとなります。

 

コンサート体験はその瞬間瞬間を生きていることを

実感できる音楽・時間・空間を共有することに通じます。

音楽による「マインドフルネス」体験ともいえるでしょう。

聴き入る内に、一人一人が体内活力を満たしていくのを

感じることが出来る。それがコンサートなのです。

 

先生はここ数年、古武道(甲野先生)、能(安田先生)、

ひもトレ(小関先生)など、日本固有の文化・知恵を習得

実践し、音楽に取り入れる新たなフィールドに挑戦しています。

 

 

       高知高専名誉教授、吹奏楽団指揮者、音楽教育研究家

                      西岡 建雄

IMG_0159.jpeg0,2.3のコピー.jpeg

Copy Right  © 2019 たのしいとうじん企画 All Rights Reserved.